関西ならではの求人

薬剤師の仕事内容は、勤めている環境でかわるといいます。
同じ薬剤師でも、企業や大学などに勤めるか、薬局などに勤めるかで、求められるスキルは様々に違うといいます。
これは、言い換えれば、やりがいある活躍できる場がどんどんひろがっていえるといえるのではないでしょうか。
薬剤師の主な仕事内容としてあげられるのは、調剤薬局やドラッグストアでよくみられるような「お医者様の処方箋にそってお薬を調合すること」や、「お客様の健康に関する相談にのってあげること」。
そして、薬剤師法が改正されてからは、薬局に常に薬剤を配置しておかなければならなくなったという事情もあり、医薬品を「販売する場」にも、薬剤師の存在が必要になってきました。
そういう事情もあり、医薬品を以外の多くの品物(例えば食品であったり、衣料、文房具であったり、ちょっとしたスーパーに負けない品揃えと価格で展開しているドラッグストアや商店もあちらこちらでみかけます)を扱う店舗であったり、今までにないあらゆる新しい場に薬剤師が求められるようになってきました。
引越しを多く経験したことのある方なら、経験したことがあると思いますが、その土地土地によって、住む人の人柄、好み、物価、タブーとされていることなどが均質化された今の日本にもまだ存在します。
関西といえばお笑い芸人さん方をはじめとしてコミュニケーション能力の秀でた土地柄というイメージがあります。
実際に関西の薬剤師さんとのコミュニケーション中だからこそたずねることができた疑問、得られた知識もあります。
これは、消費者としてとてもありがたいことで、以来、ずっとその薬局にお世話になっています。
実際にその地域に住み、生活をしていると方々と顔をあわせ、会話をしながら、医療や、薬品についての正しい知識をわかりやすく的確に説明するという、ヒューマニズムあふれる仕事を十分にこなすには、従来にはあまり重視されていなかった、より人間らしいコミュニケーション能力が生かせる人材が求められています。
それは企業などで活躍する薬剤師さんも同じだそうで、それぞれの人間が持つ背景、経験による視点が生かされる場が増え、それによって、より満足いく仕上がりの仕事ができているそうです。
薬剤師の世界に良い変革がおきている中だからこそ、薬剤師求人の増加、勤務条件の多様化は必要だからこそ起こっているんですね。