薬剤師求人をみて薬剤師やプロパー、薬学を活かした職を考える

現実大学で薬学を学んでいる方は将来、知識や資格を活かした職をめざすことでしょう。
一番は薬剤師ですね。
薬剤師は医学の知識が深くことにプラスして、研究者としての側面も併せ持った存在です。
医師でないかぎり研究とは無縁と考えるかも知れませんが、
実際には薬剤師が医療関係の学会に出て発表をすることもあるくらいです。
今は薬剤師求人だけは絶えることがありません。
売り手市場になっている絶好の時期です。
またプロパーという職はご存知でしょうか。
プロパーは医師と製薬会社の橋渡しをするルートセールスを行います。
もちろん医師に納得してもらうプレゼンをしなければいけないので、
ルートセールスという黒子に過ぎないという認識は早急で、
高学歴で医師と対等に話ができることが求められます。
二番はプロパーということになります。
医師はどこか権威主義に陥っていて自分たちの仕事を聖域と考え、
ビジネスの現場としてみることをタブー視する向きもありますが、
ほんとうはビジネスでありそのためのコスト管理も必要なのです。
病院もほんとうは悩み多き現場のはずで、先進の医療技術だけではなく、
ビジネスのヒントとなる情報も欲しているはずです。
経営者が医師の場合も多く、医師の仕事と経営の仕事と忙しいはずでしょう。
プロパーはブレーンとして医師に助言できるできれば理想のように思うのです。
今は病院と薬局は分離されているので薬剤師としては病院勤務なのか、
調剤薬局勤務なのか進路を考える必要があります。
薬剤師に積極的に携わってくれる外部の人間はプロパーになります。
共に薬に携わっているからです。
薬に関して彼らからついつい聞き入ってしまうようなおもしろい情報が得られるかもしれません。
そういうところからうまく情報を引き出すことで調剤業務に必要な知識をプラスできるかもしれませんね。
いろいろなヒントは得られることもあるでしょうから薬剤師はプロパーとうまくやっていくのが望ましいです。
薬剤師とプロパー、道は違うのですが、薬の知識を高めていくという使命は同じです。