売薬で有名な薬のある千葉の薬剤師

昔は、薬というのは箱に入れられて、行商の方が各家庭に売りに回ったものです。
千葉にある有名な成田山には、江戸時代から効果てきめんだと人気のお薬があります。
成田山一粒丸がそれです。
江戸時代の道中薬として、知らない人がいないくらい大ヒットしたお薬なのですが、なんと今でも成田山近くの薬局で販売されていることをご存知でしょうか。
江戸時代とまったく同じような製法で、選りすぐりの素材を使って作られているそうです。
千葉には、そんな老舗の薬局もあります。
しかも、そんな古い薬局はここだけではありません。
なぜ千葉にこんなに古くからの薬局があるのか不思議ではありませんか。
それは、千葉には平地が多く、薬草栽培に適しているからなのだそうです。
そのため、千葉には多くの薬学部があります。
東京都心も近いため、東京寄りの土地は東京のベッドタウンとして発展して、薬剤師求人も多くあるので、薬剤師さんは仕事を探しやすいでしょう。
先に書いたような老舗の薬局は、やはり家内で切り盛りされているようですが、他にも歴史の長い薬局もあります。
薬に縁の深い千葉のそのような薬局で、働くのもおもしろいと思いませんか。
最近は、調剤薬局の求人やドラッグストアの求人なども多いようです。
千葉駅や茂原駅など、駅に近い薬局の薬剤師求人もあります。
千葉は、薬剤師さんが働くところが多いですから、自分がどのような働き方をしたいのかをよく考えて応募することをおすすめします。